ツキウマ

ツキノワイエティとUMAフレンズ

ツキウマのサイトへようこそ

「ツキノワイエティとUMAフレンズ」(略して「ツキウマ」)のサイトへようこそ!

ここでは、架空の生き物ツキノワイエティと、実在するやらしないやらのユルいUMA(謎の未確認動物)たちが、毎日ダラダラ過ごしています。

f:id:mefu3:20140715211905p:plain

コンテンツ

  • 4コマまんが (メインコンテンツ)
    • ツキノワイエティの暮らしの4コマまんがが読めます。
  • キャラクター紹介
    • ツキウマに登場するキャラクターの紹介です。
  • LINEスタンプ
    • ツキノワイエティたちのLINEスタンプ。
  • その他
    • 勝手グッズを自作したり、キャラクタの誕生秘話(予定)とか。


f:id:mefu3:20140712231947p:plain

『ツキノワイエティ』ぬいぐるみをつくったよ

半年くらい前にツキノワイエティのぬいぐるみを作ったのですが、それを会社の先輩に見せたところ「目が大きすぎる」「手が長過ぎる」「そもそも似てないし可愛くない」と散々罵倒されたので、リベンジすることにしました。

ちなみに、こちららがひどい評価をいただいた初代イエティぬいぐるみ。
f:id:mefu3:20141227110218j:plain

うーん、確かに。。。改めてみると意見は的を得ていた気がします。
では、リベンジ開始っ!

型紙作り

キャラクタがオリジナルなので、当然この世に型紙も存在しないので、自分で作るしかありません。

まずは粘土で実寸大の模型を作ります。
f:id:mefu3:20140504104723j:plain

これを、平面の型紙にするため、「いい感じ」でアルミホイルで巻きます。
まぁ、初めてやることなので、コツとかも分からないし、どう切り分けたらよいかは完全にカンでやりました。
f:id:mefu3:20140504110456j:plain

アルミホイルをはがして、平面にしたもの。
f:id:mefu3:20140504110757j:plain

アルミホイルを一旦薄紙に手動でトレースして…
f:id:mefu3:20140504111225j:plain

スキャナで一旦Macに取り込んで、ドロー系のツールで5mmの縁取りをしたデータを作成。
f:id:mefu3:20141227111356j:plain

とりあえず型紙の完成です!!

切る

型紙を切り抜いて、布の方に写していきます。
f:id:mefu3:20141227112743j:plain

今回は、体は4枚。腕も2枚x2本の4枚に切り分けます。
f:id:mefu3:20141227121424j:plain

縫う

まずは細かい部分から。
腕や足の丸くなる部分から形を作るために縫い合わせます。
f:id:mefu3:20141229171447j:plain
これで下ごしらえは完了。

とりあえず腕が単純そうなので、練習の意味もこめて腕から縫っていきましょ。
ちなみに縫い方は「半返し縫い」という縫い方。

縫い終えたら裏返して・・・
f:id:mefu3:20141227160838j:plain

ペレットを入れます。
f:id:mefu3:20141229171449j:plain

ペレットは、米粒くらいのプラスチックですねー。
ぬいぐるみでよく、足とか手とかの部分に入ってる、触ったらシャリシャリ音のするやつです。

腕完成!
f:id:mefu3:20141227161252j:plain

次!本体を縫います。
f:id:mefu3:20141227164920j:plain
ぎゃぁ! イエティを作っていたはずが、途中で「ナイトクロウラー」という別のUMAになる事案が発生。

前回の失敗をふまえて、今度はちゃんと小さなタイプの目と口を縫い付けましたよ!!
f:id:mefu3:20141227181753j:plain

後は勢いで、本体を裏返しにしたまま縫い合わせです。
しんどい!マジしんどい!!ミシン欲しい!!

…すぐ機械に頼ろうとする姿勢が、前回のケーキ作りとなんら変わってないな…。

全部縫い合わせたらこうなりました。
f:id:mefu3:20141227200737j:plain
ポーズも相まって、なんとも狂気に満ちあふれた表情でございます。

ひっくり返す

ここからは大技、「裏返りの儀」ですよ!
背中に少しだけ縫わずにおいた穴から、ひっくり返します。
完全にリバーシブルマンの世界です。
f:id:mefu3:20141229171454j:plain

途中なんか違う姿にw
f:id:mefu3:20141229171455j:plain

裏返り完了!!
f:id:mefu3:20141227203823j:plain

ちなみに、作ってる最中で最も楽しいのが、この「裏返りの儀」でした。
なんかこう、今までの苦労が報われる感があって、わくわくします。

綿を詰める ⇒ 完成!

ひっくり返すときに使った穴から、綿をつめます。
f:id:mefu3:20141229171457j:plain
皮をひっくり返されたり、傷口から綿を押し込まれたり、ぬいぐるみも大変だなぁ。

最後に背中の穴を外から縫い合わせたら、完成です!!
f:id:mefu3:20141227205314j:plain

初代を酷評していた先輩に写真を送りつけたところ「お、だいぶよくなってる」との評価を頂きました。

初代とどう変わったかか、並べてみました。

f:id:mefu3:20141229171459j:plain

ふむぅ。こうやってみると、初代はかなりキメェですね。

一度ぬいぐるみを作ってみてから、ちょっとぬいぐるみを見る目が変わりました。よーく観察してみると、凄い色々と工夫が隠されてて楽しいですよ。

『かっぱ』白玉を作ったよ

寒くなってきましたね。 寒くなってくると、温かくて、甘いものが欲しくなります。 そうなると、もぅ「おしるこ」意外思いつきませんね!

というわけで、おしるこに入れる白玉をつくりました。 折角だから、『かっぱ』の顔したやつをね。 折角だから。

そういえば、昔はおばあちゃんちでよく団子とか作ってたっけ。 ノスタルジックな気分に浸りつつ、おばあちゃんの手順を思い出しつつ、やってみましょう。

まず型を作る

既に「おしるこ」から一旦離れました…。 かっぱの頭のカサ(?)の部分が手作業では無理そうなんで、前回のクッキーと同じ要領でカサの部分だけ型で抜くことにします。 f:id:mefu3:20141123180520j:plain

しらたまのタネを作る

こういう生地?のことはタネって呼び方でいんですかね。 分量通りに水を入れたのにボソボソです。 ラーメンの職人が季節に応じて水加減を変える、というような話を聞いたことがあるので、そういうことなんでしょう。 f:id:mefu3:20141123180515j:plain

んで、職人気分で水を自分勝手に足した結果がこう。 f:id:mefu3:20141123180521j:plain ↑ ベッシャベシャになりよった。

白玉粉の原料が何かは知りませんが、なんか質感が片栗粉ににてるので、とりあえず片栗粉足しましょ! そして、色づけのために「青汁の粉」入れときましょ!

ばっさー。 f:id:mefu3:20141123180522j:plain

3色のタネができました。 f:id:mefu3:20141123180525j:plain

ちなみに、

  • 緑 → 青汁の粉
  • 黄 → ウコンの粉

です。

やべぇ、超健康的。

で、白玉粉(+片栗粉)なんですが、すごくわがままな粉ですね。 サバサバしてるかと思いきや、ちょっと水を足しすぎるとメソメソなります。

かっぱを形作る

基本的に粘土細工です。 ただ、ものすごく変形しやすいのと、いろんなものにくっつきやすいので、難易度は高めでした。

一つめ完成! ブサイクw!!でもめふさんにソックリだー!(自虐) f:id:mefu3:20141123180513j:plain

とりあえず、このくらい作って満足しました。 f:id:mefu3:20141123180514j:plain

残りのタネは、とりあえず全部まぜてマーブルに。 こういう麩を見たことあります。たしか・・・鞠麩? f:id:mefu3:20141123180516j:plain

ゆでる

温泉気分のかっぱ達。(100℃) f:id:mefu3:20141123180518j:plain

浮いてキター!! 「浮いてきたらもう少しで完成だよ、めふや…」と昔おばあちゃんが言っていたので、そろそろ完成なのでしょう。 f:id:mefu3:20141123180523j:plain

冷ます

たしか、おばあちゃんは速攻で氷水に団子をぶっこんでいたはず。 今は冬で水が冷たいから、普通の水でいいや。

水風呂につかる、かっぱとマーブル。 f:id:mefu3:20141123155942j:plain

1匹だけ手に乗せてみました。 アハハハ。ブサ可愛いw トゥルトゥルしてすぐ逃げようとします。 まだ冷えきってなくって、温かいので、なんかそういう生き物みたい。 f:id:mefu3:20141123180517j:plain

完成!

できました!! f:id:mefu3:20141123180519j:plain ↑見た目の都合上、おしること煮こむ前のカッパです。食べるときにもう一度煮込みました。 (ちょっとグロくてお見せできない)

味のほうは、青汁の味がほんのりしますが、「え? ヨモギですよ?」って言えば、騙される人は騙されるかも知れない。

で、作ってる最中に気づきましたが、おばあちゃんちで使ってたのは「白玉粉」じゃなくて「団子粉」でした。 おかげで、懐かしくもなんとも無いものができてしまいました。(ノ∀`)アチャー

その他

ここでは、手作り勝手グッズを作った話とか、キャラクタの裏話を公開したりしてます。

『ツキウマ』クッキーを作ったよ

どういうわけか、急にクッキーを焼きたくなりました。 初めてのクッキーなので、キャラクターのクッキーを作ろうと思い、クッキー型から作ることにしましたよ!

設計

ツキウマのキャラクタ達のうち、クッキーにしやすそう(形が簡単で割れにくそう)なものをチョイス。 イエティとカッパの顔にすることにしました。 f:id:mefu3:20141018121406j:plain (↑『まどうしちゃん』のキャラも同時に作ったので、混ざってます)

アルミ板でクッキー型をつくる

ホームセンターでアルミ板を買ってきました。厚みは0.3mm。 f:id:mefu3:20141018122049j:plain

アルミ板を3cmの幅に切断。ハサミでも切れるけど、切り分けはカッターで傷をつけてからクニクニしてパキッっとする方法でやりました。(擬音だけで伝わるのだろうか) f:id:mefu3:20141018123024j:plain

↓たくさん切っといた。 f:id:mefu3:20141018125519j:plain

カッパの顔は基本的にまんまるなので、簡単そう。 輪っかを作って瞬間接着剤(ゲル状)で接着。 このときペンチを握りしめていたので、後日小指が筋肉痛に。。。 f:id:mefu3:20141018131426j:plain

↓イエティ作成途中。細いラジオペンチでクイクイっとやったり、細い棒を軸にクイっとやったり。 f:id:mefu3:20141018134409j:plain

クッキー型の完成!! f:id:mefu3:20141025001632j:plain

いよいよクッキー作り

f:id:mefu3:20141019131705j:plain

…いろいろ写真撮り忘れてた。いきなりですけど、生地完成。 f:id:mefu3:20141019141041j:plain

型でクッキーを抜きます。思ったよりクッキー型はしっかりしていて、かなりイイ感じに抜ける。 f:id:mefu3:20141019152202j:plain

↓オーブン皿に載せたらこんな感じ。 f:id:mefu3:20141019153223j:plain

ちなみに、イエティの口の部分のために、木材を加工してスタンプ的なものも作っておきました。 加工方法は主にヤスリで。 f:id:mefu3:20141025002028j:plain

完成! たくさん上手に焼けました〜♪

f:id:mefu3:20141025012619j:plain

焼き上がった「ツキノワイエティ」と「カッパ」です! f:id:mefu3:20141020073757j:plain ↑ちなみに、ツキノワとカッパのくちばし部分は別パーツで作ってあって、卵黄を塗ってから焼いてます。

お店のクッキーは超甘くて柔らかいのが多いので、硬いクッキーが食べたかったので、硬いクッキーのレシピで作りましたが、予想以上に硬かった…。ちょっと食べ方に気をつけないと歯にダメージくるくらいの硬さでした。

↓『まどうしちゃん』クッキーも同時作成でした。
『まどうしちゃん』クッキーを作ってみたよ

46〜50話

第46話:紙ヒコーキ

第47話:ジェニーの逆襲

第48話:フィッシュ仲間

第49話:ひとりでできるもの

第50話:バードストライク

41〜45話

第41話:七夕

第42話:七夕って何?

第43話:短冊に願いを

第44話:天の川?

第45話:近づいてる!!